埼玉県・東京都・神奈川県の家屋・ビル等の解体工事・内装工事・不用品回収ならお任せ

FJ works

火災家屋の解体工事

火災家屋の解体工事について

火災家屋の解体工事

火災家屋の解体工事もFJworksにお任せください。
全焼してしまい上モノがほとんど焼失してしまったような場合でも、基礎のコンクリートや外構部分の撤去は解体工事業者でないと難しい場合が多いです。
弊社では火災現場ならではの注意点もしっかり把握しておりますので、罹災証明の取得などもサポートさせて頂きます。

また、通常の解体工事以上にご近所様への丁寧な挨拶とご説明が必要になりますので、精神的な部分も含めてお客様をサポートさせて頂きます。

お見積もり前に確認しておくこと

お見積前に確認しておくこと

お客様のほうでお見積り前に以下の項目をご確認頂きますと、お見積りがよりスムーズに、より詳細になります。

もちろん、分からないこともあると思いますので、分かる範囲で結構です。
あとは我々が現場確認して調べさせて頂きます。

確認事項確認内容
建物の所有者複数人の場合があります
解体する範囲特に境界部分のブロック塀など、どこまでが自分の敷地範囲なのか確認。お隣さんと相談しておければベストです
特別配慮が必要な場所や人はないか騒音・振動などが発生するため
建物内残置物の処分をどうするのかお客様で処分いただくか、業者処分か
図面、謄本があるかどうか木造、鉄骨造、RC造などご確認いただくとスムーズです
工事時期余裕を持って依頼をお願いします。目安は3ヶ月前
井戸、浄化槽の有無 
電気、ガス、水道の使用状況使っているかどうか、管があるかないか
解体後の使い方建て替え・駐車場など
近所に解体した方がいれば、その状況地中埋設物、クレームなど
地中の杭があるかどうか大型の建物の場合、その重さを支える基礎として杭が入っている場合があります
アスベストがないか別途調査、特別な処理が必要になり、金額もあがる可能性があります

火災家屋の解体工事の流れ

1.現場確認

1.現場確認

通常の現場とは状況が異なりますので、まずはしっかりと現場確認をして解体を安全に進められるように計画します。

2.保険、罹災証明などの確認

2.保険、罹災証明などの確認

通常、火災保険が支払われるには、解体前に保険会社さん立ち会いの元、火災の状況確認と保険金額の算定が行われます。
その際、罹災証明書も必用になります。
それらのことが完了しているか、工事前にお客様にご確認させて頂きます。

3.近隣挨拶・各種届出

3.近隣挨拶・各種届出

火災が起きてしまったことにより、ご近所様には大変なご迷惑をかけていると思います。
直接的な被害はもちろん、精神的な被害などもありますので、通常の解体工事以上に丁寧なご挨拶、お詫びが必要となります。
菓子折り等の準備も必要になります。

施主様も火災の被害にあわれて精神的に苦しい状況だと思いますので、私達も一緒にご近所様に回らせていただくことで、少しでも施主様のお気持ちを軽くするよう努力いたします。

その後は各種解体工事の流れと同様になりますので各ページをご参照ください。

まずはお見積り依頼にてご相談ください!

まずはお見積り依頼にてご相談ください!

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

無料で見積りを依頼する

無料で見積りを依頼する