埼玉県・東京都・神奈川県の家屋・ビル等の解体工事・内装工事・不用品回収ならお任せ

FJ works

RC造住宅の解体工事

RC造住宅の解体工事について

RC造住宅の解体工事

RC(鉄筋コンクリート)造の建物とは、芯である鉄筋の周りにコンクリートを流し込み柱として作られた建物のことですが、とても頑丈で解体の際には手間がかかります。
木造に比べて騒音や振動などが発生しやすいので、防音・防塵効果のある養生シートでしっかりと囲います。

工期も建物によって変わりますが、一ヶ月程度はみていただいたほうが良いですね。粉塵・騒音・振動などのご説明もしっかりとして、なるべくご近所の方に迷惑が掛からないよう、安全で効率的な計画を立て工事を進めます。

お見積もり前に確認しておくこと

お見積前に確認しておくこと

お客様のほうでお見積り前に以下の項目をご確認頂きますと、お見積りがよりスムーズに、より詳細になります。

もちろん、分からないこともあると思いますので、分かる範囲で結構です。
あとは我々が現場確認して調べさせて頂きます。

確認事項確認内容
建物の所有者複数人の場合があります
解体する範囲特に境界部分のブロック塀など、どこまでが自分の敷地範囲なのか確認。お隣さんと相談しておければベストです
特別配慮が必要な場所や人はないか騒音・振動などが発生するため
建物内残置物の処分をどうするのかお客様で処分いただくか、業者処分か
図面、謄本があるかどうか木造、鉄骨造、RC造などご確認いただくとスムーズです
工事時期余裕を持って依頼をお願いします。目安は3ヶ月前
井戸、浄化槽の有無 
電気、ガス、水道の使用状況使っているかどうか、管があるかないか
解体後の使い方建て替え・駐車場など
近所に解体した方がいれば、その状況地中埋設物、クレームなど
地中の杭があるかどうか大型の建物の場合、その重さを支える基礎として杭が入っている場合があります
アスベストがないか別途調査、特別な処理が必要になり、金額もあがる可能性があります

火災家屋、空き家の解体工事もお任せ

火災家屋の解体も有限会社FJworksにお任せください。
全焼してしまい上モノがほとんど焼失してしまったような場合でも、基礎のコンクリートや外構部分の撤去は解体工事業者でないと難しい場合が多いです。
弊社では火災現場ならではの注意点もしっかり把握しておりますので、罹災証明の取得などもサポートさせて頂きます。

空き家の解体工事では、地方自治体によっては補助金を受け取ることができます。
「老朽危険家屋解体撤去補助金」「都市景観形成地域老朽空き家解体事業補助金」「建て替え建設費補助金」などがあります。
このようなご相談もお気軽にお問い合わせください。

施工料金一覧、FJWorksの見積もり方法

RC造住宅の解体工事の流れ

1.ライフラインを止める

1.ライフラインを止める

解体工事の際に電気やガスなどが通ったままではとても危険です。
工事の前に書く業者に連絡をして、止めてもらうよう手配をしてください。
ただし水道は工事の際に散水に使用しますので、そのままにしておいてください。

2.近隣挨拶・各種届出

2.近隣挨拶・各種届出

近隣へのご挨拶は施主様同伴で行い、工事についてご説明いたします。
また、リサイクル届けなど必要な届け出は全てこちらで行いますのでご安心ください。
木造に比べ工期が長くなるため、近隣にご迷惑が掛からないよう安全で効率的に工事を終えられるよう計画します。

3.足場を組み養生シートを貼る

3.足場を組み養生シートを貼る

工事の際にはホコリや騒音などが発生してしまうため、足場を組み布状の養生シートで現場を囲います。
近隣へのご迷惑を最小限にするためにも、大切な作業です。

4.屋根・内装・畳・窓ガラスなどを撤去

4.屋根・内装・畳・窓ガラスなどを撤去

屋根材・内装材・畳・窓ガラスなどは重機解体の前に全て手作業で取り除きます。
分別解体が義務付けられているため、リサイクルのため分別して処分場へ運びます。

5.重機で解体

5.重機で解体

内装材などを全て取り払ったら、粉塵を防ぐため放水しながら重機を使って一気に建物を壊します。
コンクリートの中に埋まっている鉄筋を取り出し分別しながら、順次処理場に運びます。

6.基礎の解体

6.基礎の解体

建物を解体したら、それを支える基礎の部分が見えてきます。
土を掘り起こし、玄関前や駐車場部分の土間コンクリートと言われる部分も一緒に壊していきます。
硬いコンクリートを割り、鉄筋を分別して処分場へと運びます。

7.整地

7.整地

工事の後は整地と片付けまでをしっかり行います。
工事で出た廃棄物の破片を取り除き、元の状態より綺麗にしてお渡しするよう心掛けています。

まずはお見積り依頼にてご相談ください!

まずはお見積り依頼にてご相談ください!

お見積もりをご依頼いただきますと、現地に伺ってお見積もりを取らせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。
また、お電話でのご質問やご相談もお待ちしております。

無料で見積りを依頼する

無料で見積りを依頼する